田嶋幸三と電通との関係はズブズブ?会長選を争った原博実への仕打ちがひどい!

こんにちは!
今回の話題はこちら!

「田嶋幸三と電通との関係はズブズブ?会長選を争った原博実への仕打ちがひどい!」

ということで
サッカー好きな私ですが
森保ジャパンになってからのサッカー日本代表はかなりの悲惨な状況となっています。

その森保監督を任命したのがJFAの会長である田嶋幸三氏です。

田嶋幸三さんのことを色々調べていくと
電通との事や
JFAの会長を争った原博美さんへの仕打ちが酷かったりと
中々の剛腕な手腕をお持ちの様です。

詳しく観ていきましょう!

関連記事
田嶋幸三の若い頃、息子と嫁を紹介!年収に犬飼が語る評価とは?

目次

田嶋幸三と電通との関係はズブズブ?

まずは田嶋幸三さんと電通との関係についてです。

電通と言えば日本の最大手であり
世界規模でも5位にあたる
日本屈指の広告代理店です。

日本国内第二位の博報堂すらも4倍という規模の売上を誇る
日本の広告代理店の横綱ですよね。

そんな電通と田嶋幸三さんとは何の関係があるのでしょうか・・・
一時期話題になっていたようです。

調べてみると・・・

ハリルホジッチ監督を解任したのは田嶋幸三さんですが
それは電通が主導してのことだったという陰謀論がある模様です。

 ……ハリルホジッチは、単に日本代表の成績が振るわなかったから解任されたのではない。ハリルは、本田圭佑、香川真司、岡崎慎司といった、知名度が高く、多くのCMに出演している人気選手、中でも「日本代表の絶対的エース」である本田を代表に招集しなかった。
 しかし、日本代表の試合に出場する選手を決める権限は、実質的に監督(ハリル)にはない。権限は代表に広告を出すスポンサー企業とそれを取りまとめる大手広告代理店「電通」が握っている。日本代表では、こうしたスポンサーや電通にとって好ましい、本田や香川のような選手が選考・招集・起用され続ける。監督の一存で切ることはできない。
 ところが、ハリルはそうした不文律を拒否した。しかも、そこから日本代表が勝てなくなった。日本代表の国際試合のテレビ視聴率も下がっている。2018年ロシア・ワールドカップ(W杯)に向けての気勢が上がらない。
 本田や香川らを出場させなければ都合が悪いスポンサーと電通は、日本サッカー協会(JFA)に圧力をかけた。その意を体したJFAはハリルホジッチをW杯本大会2か月前という土壇場になって解任した。
 ハリルは、スポンサー企業とその背後にいる大手広告代理店=電通の闇の力によって日本代表監督を解任されたのだ……。

https://gazinsai.blog.jp/archives/31046062.htmlより引用

興味深い話ですね。

代表に召集する権限が監督になく
その権限がスポンサーが持っている。

以前から何かしらの噂は流れていました。

最たる例が
日本代表の背番号10番はアディダスと契約している選手にしか与えられないとか・・・

 

たしかこの日本代表の背番号10も
中村俊輔選手が代表を退いた後
新しい日本代表の顔役になりつつあった本田圭佑選手が希望していたものの
その希望が通らなかった記憶があります。

この件に田嶋幸三さんが関わっているかはわかりませんが、
スポンサー企業にはJFAとして頭が上がらないというのが想像できます。
スポンサー企業といい関係を築く事で
JFAの会長としての権力を集中させて現在の地位にいる
そういう論調のようですね。

 

電通とサッカー日本代表について思う事は
日本代表戦の地上波の中継がホームゲーム以外になくなってしまった事に電通が関わっているかどうかです。

AFCは代表戦の放映権を一括管理していて
その権限を電通に委託したと言います。

その額がかなりの額だったとのこと。
テレビの放送局は昨今ネットなどの媒体にやられていて予算不足
そこにネットのスポーツチャンネル大手であるDAZNが諸手をあげて
放映権を獲得してしまった。

日本サッカーの人気を広めるのであれば
まだ地上波で日本代表戦を放送していた方がまだ分母が大きいと思います。

それなのに
地上波のテレビ局は
ホームゲームでの権利しか獲得することができなかった。

ここに田嶋幸三さんはJFAの会長として何かしらの働きかけをすることはなかったのだろうか?
という点ですね。

上記の様にスポンサーの顔色を伺いながら
会長職を行っているのであれば
電通に意見を言えるわけもなく

というのは想像に難くないのですが・・・
そこはファンのためにしっかり動いてくれることはできなかったのだろうか・・・

 

個人的にはその点が疑問です。

 

 

さらに田嶋幸三さんはJFAの人事を決める時に
副会長に元電通の人間を招いている模様ですね。

ズブズブの関係・・・

言い得て妙かもしれませんね。

 

田嶋幸三の会長選を争った原博美への仕打ちがひどい!

続いては
田嶋幸三さんとJFAの会長選を争った原博美さんへの仕打ちが酷いという噂についてです。

2016年にJFAは史上初となる会長選の選挙を行いました。
当時JFAで実質の№3であった原博実さんももちろん会長選に出馬。

当時JFAの№2だった田嶋幸三さんと会長職を争う形になりました。
圧倒的な不利を予想されながら
実績を見込まれて全体の45%の投票を得て惜しくも田嶋幸三さんに惜敗という形となりました。

圧倒的に有利をみなされていたのに実際は僅差。

田嶋幸三さんは・・・

 

田嶋幸三さんは原博実さんを2階級降格の人事

無事に会長選に勝利した田嶋幸三さんは
ここで僅差で会長選を退けた原博実さんにとんでもない人事を発表します。

田嶋は自分と会長の座を争った原を二階級ほどの降格になる理事職に降格させる人事案を決めた。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9F%E5%8D%9A%E5%AE%9Fより引用

なんと原博実さんを降格させてしまいます。

とんでもない降格人事。
この話を田嶋幸三さん本人から聞いた当時のJリーグの村井満チェアマンはすぐに原博実さんに連絡を取り
スカウト。
原博実さんはこれを快諾し
Jリーグ副理事長就任に就任することになります。

 

権力争いに力を注ぐもの
Jリーグを良くしようと心血注ぐもの

熱意の差が実績にも表れ始めているんですかねぇ・・・

 

2021年10月9日
jFAは再び会長の選挙を行い
田嶋幸三さんが再び会長職に就くことが決定しました。

中々良い噂がない田嶋幸三さんですが
なんとかワールドカップの最終予選だけは勝ち抜いてほしいところなんですけどね。

関連記事
田嶋幸三の若い頃、息子と嫁を紹介!年収に犬飼が語る評価とは?
 

まとめ

以上「田嶋幸三と電通との関係はズブズブ?会長選を争った原博実への仕打ちがひどい!」の記事でした。

あくまで噂・・・
実際に本人が語ることはないのでなんとも言えないですが
日本サッカーがよりよく発展する方向に舵を切っていってほしいなと節に思います。

田嶋幸三さん・・・
よろしくお願いします。

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる