MENU

望海風斗の父親がパイロット説ってホント?弟の情報を調査してみた!

こんにちは!
今回の話題はこちら
「望海風斗の父親がパイロット説ってホント?弟の情報を調査してみた!」

超イケメンの元タカラジェンヌ望海風斗さん・・・
その父親がパイロットという説が・・・
弟の情報も気になるし・・・

 

ということで
今回は
望海風斗さんの父親のパイロット説について
弟の情報について調査しました。

 

目次

望海風斗の父親がパイロット説ってホント?

まずは望海風斗さんのお父さんの職業がパイロットという説についてですね。
調べてみますと・・・

 

どうもそのような情報は出てきません。

他のサイトではパイロットというのは情報がなくてわかりません
と言って締めくくっていますが
噂がなければこういった情報は出てこないはずです。

さらに詳しく調べてみると・・・

 

知恵袋でこういったものを見つけました

宝塚雪組の望海風斗さんのお父様は パイロットさんだという話を耳にしたことがあるのですが
本当でしょうか?
もし ご存知でしたら どこの航空会社かも教えて頂けると嬉しいです。

 

会社などここでは答えられません。大変な迷惑になりますので。
職業は概ね合ってます。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11215164466?__ysp=5pyb5rW36aKo5paXIOeItuimqiDjg5HjgqTjg63jg4Pjg4g%3Dより引用

やはり何かでそういう報道があったということなんでしょうか。

ファンの間では何かしらの表に出ない情報網があって、
こういった情報の交換がされているのかもしれないですね。

会社などここでは答えられませんと解答主さんはおっしゃっています。
会社ということは・・・
やはり航空会社なのか

それとも自衛隊のパイロットなのか・・・

その辺はやはり曖昧なままですね。

しかし、パイロットの収入というのはかなりのもので

ANAは1,981万円、JALは1,834万円という平均年収になるそうです。

お父さんがパイロットというのが本当であれば、望海風斗さんはかなりのお嬢様だったのかもしれませんね。

望海風斗の実家がお店をやっている?

望海風斗さんの実家がお店をやっているという情報もあり
それについても調査してみました。

しかし、情報がやはり出てきません。
Twitterでの調査をしてみたところ

 

ファンだと思われる方がこういったツイートをしていました。
これはお店の名前は

ふうと

という望海風斗さんにあやかった名前をしていることから勘違いしたと思われますが

横浜市磯子区の北部の町名です。

望海風斗さんの出身も神奈川県横浜市。

望海風斗さんのファンの方が
望海風斗さんの足跡的なものを神奈川県横浜市で探していたところ

このツイートのお店を見つけて
話題になった可能性がありますね。

 

望海風斗の弟は?

望海風斗さんには2歳年下の弟さんがいらっしゃるそうです。

詳しい情報は出てこないんですが・・・

エピソードとして
望海風斗さんは鯉のぼりが好きなんだそうです。
それはなぜかというと

幼少期から、弟さんの鯉のぼりを見て 羨ましいと思っていたからみたいですね。

 

お父さんがパイロットであればかなり裕福なご家庭であった可能性もありますし
実家に鯉のぼりがあってもおかしくありません。
宝塚にはすみれコードというものがあって中々情報がでてきませんね。

すみれコードというのは

宝塚歌劇団の規範。理念である「清く正しく美しく」にそぐわない、劇団の品格を損なったり観客の夢を壊すような内容の演出を行わないし、求めないという暗黙の規範。WIKIより引用

 

これによって特に男役のスターにもなると
実生活を中々表に出さない様にするのだとか・・・

家族中もかなり良好な様子です。

望海風斗さんの芸名は家族で考えたものらしいです。
家族で芸名を考えるって
かなり仲のいい証拠ですよね!

お姉さんがこれだけイケメンであるならば
弟さんもかなりイケメンなはず・・・

何か情報があれば更新していきますね!

まとめ

望海風斗さんのお父さんはパイロットという噂は
ソースがないですが一部のファンの間では事実の模様。
ANAやJALのパイロットの年収は2000万弱で
望海風斗さんはかなり良い所のお嬢様な可能性がある。

望海風斗さんの弟さんに関しては
情報が全然出てこなかったものの
幼少期に望海風斗さんは弟さんのために出される鯉のぼりを羨ましかったというエピソードが
上がってきました。

もしもっと追加で情報が上がってくれば追記していきますね!

 

では!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる