MENU

大泉潤の年齢等wikiプロフ!推薦政党はどこ?

こんにちは!
人気俳優の大泉洋さんのお兄さんである
大泉潤さんが
函館市長に立候補する可能性があるようですね・・・

大泉洋さんと言えば
味のある名優という空気を身に纏いつつある
日本屈指の人気俳優であると同時に
タレントとしても抜群のトーク力を持ち
芸能人として
マルチに活躍する大人気俳優さんですよね。

そんな大泉洋さんのお兄さん
大泉潤さんの
年齢等wiki風のプロフィールと
推薦政党はどこなのか調査してみました!

目次

大泉潤の年齢等wikiプロフ!

大泉潤さんのプロフィールをご紹介していきますね!

大泉潤の年齢や生年月日は?

大泉潤さんの生年月日は
公表されていません。

しかし大泉洋さんよりも7歳上で
2022年7月時点で56歳だと報道されています。

大泉潤の身長体重は?

大泉潤さんの身長体重ですが
残念ながらこちらも公表されていません。

こちらの動画を見てもらえばわかりますが
弟の大泉洋さんにそっくりで
声も似ています。

ということは
骨格が似ているということで
大泉洋さんとそれほど体格的に離れていないと考えられます。

大泉洋さんは身長と体重は
178センチ&体重69キロ
となっています。

お兄さんである大泉潤さんも
この数値とそれほど離れた数字ではないと思いますね。

参考にされてみてください!

 

大泉潤さんの出身高校は?

大泉潤さんの出身高校は
北海道札幌北高等学校です。

偏差値71で
文化人やアナウンサーなど多数輩出している
北海道屈指の進学校ですね。

公立の学校で
北海道では私立よりも公立の学校の方が学力が高いこともかなりあるそうです。

ちなみに
弟の大泉洋さんは
市立札幌藻岩高等学校の出身。

偏差値は55くらいで
高校は完全にお兄さんの大泉潤さんが引っ張る感じだったんですね!
兄らしく
これくらい頑張ればできる!
というのを弟の洋さんに体現したのでしょう^^

大泉潤さんの出身大学は?

大泉潤さんは北海道札幌北高校を卒業後に
上京して早稲田大学に進学しています。

早稲田大学の法学部ですね。

早稲田大学の法学部の偏差値は

67.5

 

高校から偏差値を落とさずに大学まで進学してるんですね!

 

大学を卒業後は
北海道に戻るも札幌に戻らずに
函館の市役所勤務に!

あのGLAYの函館ライブに誘致したりと
地元を盛り上げるのに奔走していて
函館でかなり人気のある方なんだとか!

弟の大泉洋さんも
兄は函館では
GLAY並に人気がある
と発言するほど・・・

函館出身のGLAYは
大袈裟にいってしまいますが
リバプールのビートルズの様な存在。

そのGLAYと同じくらい人気とは・・・

函館での大泉潤さんの人気は相当なものですね!

大泉潤の推薦政党はどこ?

そんな函館で大人気の大泉潤さんですが、
函館市長に立候補するということは
表明しています。

2022年7月には市役所に辞表を提出しています。

もう立候補は間違いないでしょう。

では、どこの政党から出馬するのか・・・
ということですが、

2022年7月現在、
まだどこの政党から出馬するとか
どこの政党から推薦を受けて
などの情報は入ってきていません。

そもそも
ここ10年の函館市長選挙を見てみると

現在の市長である
工藤壽樹さんが三選しています。

2011年の市長選は
工藤壽樹さんと西尾正範さんの戦いで
共に無所属での出馬。

2015年の選挙では

工藤壽樹さんと広田知朗さんの戦いになり
共に無所属での出馬

2019年の市長選では
工藤壽樹さんと武田春美さんの戦いになり
共に無所属での出馬

過去3回の函館市長選は
工藤さんが三選している状態です。

現状は工藤さんが4期目に立候補するかどうかは
明言していません。

しかし、工藤さんは出馬する場合は無所属になる可能性が高いと思います。

対する大泉潤さんですが
元々大泉潤さんは
工藤さんの秘書課長をつとめていたいわば工藤さんの弟子とも言える存在です。

大泉洋さんの圧倒的な人気と知名度に
便乗する形でどこかの政党が声を掛ける可能性もあります。

ですが現時点の個人的な予想は

無所属で市長を続けた工藤さんの秘書をしていた
という理由から
大泉潤さんも無所属での立候補になるのではないか・・・

と予想しています。

新しい情報があれば
追記していきたいと思います!!

 

まとめ

今回は
大泉潤の年齢等wikiプロフ!推薦政党はどこ?

と題しまして
大泉洋さんの兄である大泉潤さんをご紹介しました!

函館市長選!
どうなるか・・・
どんな戦いになるのか・・・
ある意味楽しみですね!!

では!!!

 

 

 

 

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次