MENU

シンゴジラの続編は否定的!凍結されたその後やメカゴジラ編はあるのか調査!

こんにちは!
今回の話題はこちら!
「シンゴジラの続編は否定的!凍結されたその後やメカゴジラ編はあるのか調査!」

ということで今回はシンゴジラがとても面白かった!
庵野秀明監督の作品は面白過ぎる!
という方に
シンプロジェクトの最初の作品ともいうべき
シンゴジラの続編があるのか?
という点について調査していきます。

続編は否定的なコメントをカラーを通して発している庵野秀明監督ですが
その後のシンシリーズの盛り上がりは当時よりも大きく反響を得ており
シンゴジラの公開当時は否定的だったけど
2022年の今だったら・・・
その可能性も含めて
シンゴジラの凍結されたその後が描かれるのか
ゴジラシリーズとして根強い人気のメカゴジラシリーズはシンメカゴジラとしてあるのか
調査していきます。

この記事を読めば
今後の庵野秀明監督の続編についての考えが分かると思います!

シンゴジラはこちらで無料視聴できますのでぜひご利用ください!
シンゴジラを無料で視聴する

目次

シンゴジラの続編は否定的!

庵野秀明監督は
シンゴジラの続編について否定的なコメント発しています。

「続きはあるんですか」と聞かれた庵野氏は「僕が決めることじゃない。東宝に聞いて」とかわし、「僕はもういい」と苦笑した。
https://www.oricon.co.jp/news/2078470/full/?ref_cd=twより引用

シンゴジラ公開当時の2016年、シンゴジラの続編について聞かれた庵野秀明監督は制作会社である東宝に聞いて
としながらも自分自身は否定的なコメントをしています。

このコメントを受けて
考えられるのは
庵野秀明監督からすれば
もうゴジラはいいかな・・・

庵野秀明監督からすればそう思っていることが容易に想像できますね。

シンゴジラの続編の可能性を探る

しかし
この映画を公開してその成績を見てみると

同作は、平成ゴジラシリーズ以降の最高動員450万人超えを達成し、2016年公開の実写映画興行収入1位の65.6億円(9月12日時点)を記録。
https://www.oricon.co.jp/news/2078470/full/?ref_cd=twより引用

2016年当時は凄まじい成績を叩き出しています。

その後制作したエヴァンゲリオンの完結編ともなるシンエヴァンゲリオンも664万人の動員で興行収入が102億円にまで到達しています。
参考:シンエヴァンゲリオンwiki

これだけの成績を叩き出せる映画監督は日本に何人いるでしょうか?
もう庵野秀明監督の師匠である宮崎駿監督くらいしかいないのではないでしょうか?

その後東宝と庵野秀明監督は
2022年にシンウルトラマンを制作し公開することを発表しています。

この情報を見ると

東宝と庵野秀明監督とは
非常にいい関係を築くことが出来ている

そう言えると思います。

となれば
庵野監督は2016年でシンゴジラのコメントで

東宝に聞いてと言っています。

東宝としては続編の制作も視野に入ってきていると思います。
企業としてこれだけのヒット作の続編は絶対にやりたいはずです。

庵野秀明監督といい関係を築くことが出来て
庵野監督が首を縦のフルというのであれば
是非続編を!

そう思って
これからのことも見据えての意味もあり
ウルトラマンぼシンシリーズを制作している可能性も十分に考えられ

このシンシリーズの今後の興行成績次第では十分に
シンゴジラの続編も考えられるのではないでしょうか!

 

シンゴジラの凍結されたその後やメカゴジラ編はあるのか

続編の可能性については上記で述べた通り
今後の関係を考えればあり得る

と述べました。

しかし、シンゴジラの続編を制作する場合にどういったものになるのか・・・

そこがネックになってきます。

シンゴジラの公開時のコメントをもう一度見てみましょう!

 

「続きはあるんですか」と聞かれた庵野氏は「僕が決めることじゃない。東宝に聞いて」とかわし、「僕はもういい」と苦笑した。
https://www.oricon.co.jp/news/2078470/full/?ref_cd=twより引用

 

とコメントしています。

僕はもういい

そう発言していますが
その後にシンウルトラマンを東宝と映画を製作することに関しては
プロジェクトが進んでいます。

僕はもういい

これは
東宝さんと仕事をするのはもういい

そう言っているわけではないというのがわかります。

だとすると
シンゴジラをやるのはもういい

そう言っているように取れます。

シンゴジラはもういいけど
シンウルトラマンや東映でシン仮面ライダーはやるよ。

シンシリーズは続いています。

ということはシンゴジラとは別シリーズのゴジラだったら庵野秀明監督は首を縦に振ってくれるんじゃないか・・

と考える東宝の制作陣が居てもおかしくありません。

そもそも
庵野秀明監督は続編に結構苦労している監督です。

エヴァンゲリオンも初期にテレビでやっていたものを映画で大幅に改変して
ファンを困惑させたこともあります。
その賛否両論にかなり参っていた印象もあり

シンゴジラの正当な続編というのは庵野秀明監督としても
過去エヴァのことを考えると
ちょっと後ろ向きな印象があると思えます。

だとすればシンゴジラとは違う新しいシンゴジラとしてメカゴジラやその他のゴジラシリーズを

シンシリーズの新しいゴジラとして制作することは庵野秀明監督は承諾するのではないか・・・

そう思えてくるんですよね。

 

なのでシンゴジラのラスト凍結されたゴジラのその後を描かれる可能性は
非常に低いんではないかと思える反面、
メカゴジラや新しいシンゴジラシリーズはあり得るのではないか

そう結論付けることができると思います。

 

シンゴジラの新シリーズ、やるとすればいつ?

シンゴジラの新シリーズが仮に制作されるとすれば
いつなのか・・・

現状庵野秀明監督は
2022年の3月にシンウルトラマン、
2023年の3月にシン仮面ライダーの公開を控えています。

なので製作は早くてもシン仮面ライダーの制作が終わってからになる可能性が高いですね。

毎年立て続けたにシンシリーズを公開していく流れになっていますから
早ければ2024年の3月にシンゴジラシリーズの公開があってもおかしくない状況です。

結論として
2024年の3月というのがシンゴジラの続編をやるとすればもっとも早い公開時期になるのではないかなと・・・

 

まとめ

★庵野秀明監督はシンゴジラの続編には否定的
★シンウルトラマンを制作していることを考えると制作の東宝との関係は良好
★東宝との関係が良好のため、シンゴジラのシリーズ化はあり得る
★シンゴジラの凍結のその後の展開は描かれないかもしれない
★公開時期については現状の公開ペースが続けば早ければ2024年3月に公開もあり得る

シンゴジラはこちらで無料視聴できますのでぜひご利用ください!
シンゴジラを無料で視聴する

でした!

では!!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

目次
閉じる