MENU

CEOセオとは誰?大学や年齢等wikiプロフ調査!佐藤俊介との関係まとめ! 

こんにちは!
ホリエモンさんがユニットを解散したというニュースが報じられました。

ホリエモンさんって音楽ユニット組んでたんだ
と純粋にそこにびっくりしたんですよね。

けっこうガチですよね。
オリエンタルラジオのお二人の
RADIOFISHみたいな感じですかね。

このかなりガチのユニットが
解散したということなんですけど

そもそもホリエモンさんは有名ですが
相方、元相方か・・・
そのCEOセオさんという方は誰なんでしょうか?

CEOセオって誰?
CEOセオの出身大学とか年齢とかwikiのプロフ情報は?
佐藤俊介とCEOセオの関係ってなんなの?

という点を調査してみました!

 

目次

CEOセオとは誰?

CEOセオって誰?
ということなんですけど

 

「連続起業家兼アーティスト」としてビジネスマインドを軸に心に訴えかける楽曲を作り、また一方ではスタートアップ起業から大企業の経営まで、ビジネスパーソンとしても幅広く活動してきております。ちなみに「CEOセオ」と書いて読みは「セオ」になります。
https://note.com/s1o/n/n3f8ee0206194より引用

ということでCEOセオではなくセオさんとうそうですね。
元々は起業家で
そこからアーティスト活動に幅を広げていった方ということです。

元々24歳から複数の起業を経験していて
トランスコスモスやまんが王国を運営するビーグリー等を得ているといいうことで
ほんとにすごい経歴の持ち主ですよね!

アーティスト活動を始めたのは2019年からで
YOUTUBEや個人でのプラットホームが整備されてきたことで
誰でもアーティストになっていく時代だということを実感し
アーティスト活動をスタートさせたそうです。

CEOセオと佐藤俊介の関係は?

じつはセオさんの正体が
佐藤俊介さん
とのこと。

佐藤俊介さんがしっくりこないという方にご説明すると

個人的に一番有名なのが
トランスコスモスの時に
山田孝之さんと一緒に会社を立ち上げました。

 


この山田孝之さんのお隣に立っているのが佐藤俊介さんで
セオさんになりますね。

元々起業家として凄い実績をお持ちで
現在は佐藤俊介さんというお名前ではなく
アーティストセオとして
活動していて

現在ビジネスとしては株式会社CEORYの代表取締役社長兼CEOとして次世代ブランドのコングロマリット企業を設立し、アーティストやメディアのブランドを創るブランドトランスフォーメーション事業も展開しています。
https://note.com/s1o/n/n3f8ee0206194より引用

起業家としての側面よりもアーティストとしての側面を表に出して
いるそうです。

CEOセオの出身大学や年齢等wikiプロフ!

セオさんのプロフィールをご紹介していきます。

CEOセオの出身大学は?

セオさんの出身大学は日本大学理工学部建築学科

日本大学理工学部建築学の偏差値は 52.5~57.5

普通よりも少し高めの偏差値ですね。
理系の大学でその大学を卒業した後
広告業界を志望していたものの
どこにも採用されずにインタネット事業のバリュークリックジャパンに入社したそうです。

CEOセオさんの年齢や生年月日は?

CEOセオさんの生年月日は
1978年6月3日生まれで2022年で44歳になりますね!

アーティスト活動を始めたのは41歳の時
40にして新たなステージに向かうその姿がかっこいいですね!

 

CEOセオさんとホリエモンさんの関係

実はホリエモンさんとCEOセオさん
お二人は起業家仲間的な感じのグループだと思いますが
実は結構因縁が深いです。

セオさんが大学卒業した後に入社したバリュークリックジャパン株式会社ですが
2004年にライブドアに買収されていて
その買収が切っ掛けでライブドア事件に発展していきます。

バリュークリックジャパンに居たことで
ライブドアの事件を間近で見ていたセオさん。

その後、2006年にセオさんは
株式会社エスワンオーを設立。

後にホリエモンさんと音楽ユニットを組むまでになるなんて
この時は思いもしないでしょうね。

 

まとめ

今回は
CEOセオとは誰?大学や年齢等wikiプロフ調査!佐藤俊介との関係まとめ!
と題しまして

CEOセオさんのことをご紹介しました。
いきなりのユニット解散というのはびっくりですが
これまでの経歴を考えても
セオさんは今後も活躍されると思います。

次はどんなことをしてくれるのか
楽しみですね!
今後の活動にも注目していきたいと思います。

では!!!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次