MENU

AEONのクレジットカードサービス休止のメールは詐欺?本物かどうかの見極め方!

こんにちは!
AEONから
クレジットカード等にかかる一部のサービス休止のお知らせ

というメールが来て
一瞬パニックになりました。

内容としては
カードが使えないようにしてある
本人確認をしてほしい

というものでしたが
なんのことかわからずにパニクリました。

今回はこのメールが詐欺の迷惑メールなのか
本物かどうかの見極め方をご紹介していきます。

 

目次

AEONのクレジットカード等にかかる一部のサービス休止のお知らせのメールは詐欺?

早速中身を確認してみましょう。

AEONのクレジットカード等にかかる一部のサービス休止のお知らせのメールの内容は?

結論から言えば
このメールはフィッシング詐欺のメールです。

送られてきたメールを確認してみます。

続きは

内容を詳しく書いていくと

 

クレジットカード等にかかる一部のサービス休止のお知らせ
このメールはイオンクレジットサービス(株)からのメールです。

引き続き、イオンスクエアメンバーIDのメールアドレス登録または変更の手続きを進めてください。
このたび、ご本人様のご利用かどうかを確認させていただきたいお取引がありましたので、
誠に勝手ながら、カードのご利用を一部制限させていいただき、
ご連絡させていただきました。

つきましては、以下へのアクセスの上、カードのご利用確認にご協力

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
このメールは送信専用のメールアドレスから配信されています。
ご返信いただいてもご用件は承れません。
□当メールの心当たりのない方は、大変お手数をおかけしますがその旨を受信したメールの内容とともに
お書き添えいただき下記宛先までご連絡ください。
□お問い合わせ先
<イオンクレジットサービス株式会社>
リンク

良く良く読んでいくと
ご協力

で文が終わっていたり、おかしなところも見受けられますね。

 

要約すると

本人の利用かどうか
わからない取引があり
確認するまでクレジットカードの利用を制限させてもらっている。

制限を解除するには
下記のリンクからご本人確認をさせていただく必要がある

 

ということを言っているわけですね。

もっともらしい事を言って
その気にさせるのはものすごく上手いですよね。

AEONのクレジットカード等にかかる一部のサービス休止のお知らせのメールの本物かどうかの見極め方!

このメールが本物かどうか見極め方ですが
一番カンタンな方法は
メールの発信元のアドレスを確認することです。

メールの上部
AEONをタップしてみると

こういった画面になると思います。

すると
送られてきた送信元のメールアドレスが表示されるわけですが、

明らかにAEONとは関係ない
Gメールからの送信であることがわかります。

本来であれば
ここは
AEONのサーバーからメールが送られてこなければいけない部分です。

gmail.com

の部分が

aeon.co.jp

という風になるとかそういうアドレスですね。

イオンクレジットカードサービス株式会社であれば

@email.aeon.co.jp

というサーバーからメールが来るはずなんです。

それがGMAILからのサーバーというのはあり得ません。

 

さらに確実なのが
イオンのクレジットカードに実際にログインしてみることです。

イオンのクレジットカードのホームページにログインすると

□クレジットカードのご利用明細

□ポイントの交換、確認

□リボ払いに変更

□ネットキャッシング

等を確認することができます。

イオンクレジットカード公式
https://www.aeon.co.jp/inquiry/app/

他にもスマホのアプリ「イオンウォレット」テレホンアンサー(自動音声応答サービス)郵送(要登録)でも確認が可能です!

送信元のメールアドレスを確認しても
心配な人は確認してみてください!

 

AEONのクレジットカード等にかかる一部のサービス休止のお知らせの口コミ

 

新しい手法なのか
あまり口コミもありませんが、手法が新しいだけに
引っかかる可能性も大きいです。

皆様気を付けていきましょう!

まとめ

今回は
AEONのクレジットカードサービス休止のメールは詐欺?本物かどうかの見極め方!

と題しまして
AEONのクレジットカードのサービス休止を謳ったフィッシングメールについてご紹介しました。

 

▶クレジットカード等にかかる一部のサービス休止のお知らせ
というメールはフィッシングの可能性が高い

▶見極め方は送信元のアドレスを確認すること

▶それでも心配な場合は、イオンにログインしてクレジットカードの明細を確認する

 

でした!
皆様お気をつけください!

では!!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次